全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦

2017 MFJ SUPERBIKE ROADRACE Round 7 JSB in AUTOPOLICE

9月9~10日 全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が大分オートポリスにて開催されました。

             レース結果報告書         2017/9/15

2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦 SUPER2&4RACE

大会開催日 :2017 年 9月8日 ~ 9月10日

開催場所 : 大分県日田市 オートポリスサーキット (4.674km)出場クラス  :JSB   ゼッケン    :13

エントリー名 : オートテクニックスポーツ PGR

気温:24℃  観客:10050人

9/9 予選 (天候:晴/コース:ドライ)       

 

出走台数 35     予選順位 20

 

 

Best Time             1’51,829          

9/10 決勝  天候:晴/コース:ドライ)      

 

出走台数 35    決勝順位 23

Best Time          1’52,018  

18 位ポイント圏内を走るも、中盤転倒し 23 位でチェッカー

2017年全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が、大分県オートポリスサーキットにて開催されました。 九州オートポリスサーキットで全日本が開催されるのは、全日本第5戦に続き2回目、今回は4輪との併催の2&4となり、多くの入場者の中行われました。 金曜日フリー走行から晴天に恵まれ、順調にセットアップを進めることができ、自己ベストタイムを1秒更新、手ごたえを感じ土曜日の予選へ望みました。土曜日予選では、更にタイムを伸ばすことに成功し、20 番手を獲得、順調な流れのまま決勝へ臨みました。迎えた決勝スタート、序盤出遅れ1LAP 目に 22 番手へポジションダウン、徐々にペースを上げ、6LAP 目には 18 番手へポジションアップ、その後も3 台での 18 位争いをしながら周回を重ねていきました。12LAP 目に単独 18 位へ抜け出し後続を引き離しに掛かりましたが、第1ヘアピンで、転倒してしまい、ポイント圏外の23位でのチェッカーとなってしまいました。

ATS 中津原 尚宏

 

 

 

 

ライダーコメント 中津原 尚宏

 

全日本ロードレース第 7 戦は、怪我の状態も向上してきたのでしっかり走ることが出来ると思いましたが、転倒で順位を落とすレースとなってしまいました、しかし自己ベストを更新し今シーズンで一番手ごたえのあるレースとなりました。次戦岡山大会では、良いイメージのままレースへ臨み、しっかり結果へ繋げて行きたいと思います。 今後とも、ご声援よろしくお願いします。

 

 

PAGE TOP