2018 MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第3戦 九州大会

開催日     2018/5/13 ()

会場      ; 大分県 玖珠トライアルヒルズ

天候      ;  曇り/

コンディション ; WET

観客数     1,000

 

ライダー

砂田 真彦

(ゼッケン12)

小野 貴史

(ゼッケン2)

鈴木 克敏

(ゼッケン 37)

出場クラス

国際A級スーパークラス

国際A

国際A

コース設定

10セクション×2ラップ

+スペシャルステージ2セクション

10セクション×2ラップ

10セクション×2ラップ

アシスタント

片倉 久斗

竹屋 健二

無し

順位

15

7

9

獲得シリーズランキングポイント

1ポイント

9ポイント

7ポイント

チームサポート ; 横倉 千裕(関東トライアル選手権参戦中)

 

  • 鈴木初のシングルフィニッシュ

5月13日、全日本トライアル選手権シリーズ第3戦九州大会が大分県 玖珠トライアルヒルズで開催されました。

この会場は、自然の沢や黒土の斜面などで構成された難易度の高いコースが特徴で、加えてスタート時には雨が降っていた為、路面状況が更に悪化し選手達は条件が厳しい中トライすることになった。

砂田はスーパーA級の中でも最初の順番でトライする事が多く、路面がどの位グリップするか試しながらの走行になってしまい、自分らしいライディングが出来ず苦戦を強いられる事に、更に2ラップ目は雨が本降りになり、路面状況は更に悪化し苦しいトライとなってしまった。

 

小野は、他の選手が失敗した箇所を何度も見て分析しトライするが、メンタル面で悪影響を受けてしまい、失敗してしまうパターンが多く見受けられ、本来のライディングを発揮する事が出来なかった。

 

 鈴木は終始調子良く走る事が出来て、減点5を取らない走りを意識し、ゴールまで雨に降られる事なく走りきる事が出来て自身2回目数年ぶりとなるポイントを獲得し、初のシングルフィニッシュ9位でゴールすることが出来た。

 

 

  • 砂田コメント

スタート時の雨で、コンディションが更に悪化する前に早くゴールする事ばかり考えてしまった事が今思い返すとあまり良い事では無かったと思います。

今回の様なグリップの不安定な所ならなお更、他のライダーがどの位グリップしているか、様子を見てからトライする所ですが、制限時間に焦ってトライしてしまい、イメージと違うグリップ感で苦戦してしまいました。

途中からはペースを落として、他のライダーを待ってトライしましたが、後半になるとスタート後に止んでいた雨が降り出し、路面が急に悪化してしまい、悪い流れのままゴールを迎えてしまいました。

走りの内容としても、不本意な部分が多かったのですし、堪える筋力も強化する必要があると感じました。次戦は盛り返せる様に取り組みます。

この度も沢山のご支援、ご声援ありがとうございました。

 

  • 小野コメント

滑る路面を意識して慎重になり過ぎてしまいました。

滑りそうな所は足を着いて確実に走り切ろうとして、減点5になってしまったり、勢いが足りなかったりで、流れに乗ってレースを進められませんでした。

次戦までは少し時間があるので、今回の反省を踏まえて練習をしていきたいと思います。

栃木

 

  • 鈴木コメント

今回は自身にとって今までにない好成績だったのでとてもよかったです。

当日は雨予報でしたが、路面が悪くなる前にレースを終えた事が有利に働きました。

また、セクション内の残り時間の秒読みを横倉さんにやって頂いたおかげで、

落ち着いて走ることができ減点を減らすことができました。

次戦も落ち着いて確実な走りができるように準備をし、上位を目指します。

 

 

  • 次戦はFIMトライアル世界選手権シリーズ第2戦 日本GP

 次のレースは6/23(土・日) FIMトライアル世界選手権シリーズ第2戦 日本GPになります。

引き続きご支援、ご声援をよろしくお願い致します。

 

PAGE TOP