SUPER GT 2018 Rd.3 鈴鹿

SUPER GT 500クラス

#100 TEAM KUNIMITSU

 

SUPER GT 2018  Rd.3鈴鹿レポート

 

今シーズンの鈴鹿大会は、昨年までの81000kmレースから、5300kmレースへと変更になりました。気候も周回数も大きく異なるため、昨年とは違ったレース展開になることが予想されます。4月に行われた公式テストでは、総合結果トップのタイムをマークしたこともあり、この第3戦目は我々チームとしては期待のできる1戦でした。

 

519() 予選日■

9:00~ 公式練習      気温19/路温26

前日の暑さとはうって変わって、冷たい強風が吹き荒れる天候となりました。ホームストレートで追い風となる強い風はドライバー達を困らせ、公式練習中は3回も赤旗中断がありました。そんななか、No.100 RAYBRIG NSX-GTは着実に車のセッティングやタイヤの確認を行いました。予選を想定して走行するGT500クラスの占有走行では、ジェンソン・バトン選手が146211というタイムを出し、3番手で練習走行が終了しました。

 

15:05~ 予選Q1       気温 21/路温32

直前に行われていたGT300クラスの予選Q1で赤旗中断があり、その影響で500クラスの開始時刻が10分遅れました。いつものようにスタートと同時に出走する車はなく、Q1残り10分頃になるとNo.100 RAYBRIG NSX-GTを始め多くのチームが出走をし始めました。No.100 RAYBRIG NSX-GTQ1ドライバーはジェンソン・バトン選手が担当しました。午前中から吹く強風の中、各車好タイムを叩き出します。No.100 RAYBRIG NSX-GT145130を出しますが、No.8 ARTA NSX-GTがコースレコードを大幅に上回るタイムを出し、ジェンソン・バトン選手は3番手でフィニッシュとなりました。

 

15:48~予選Q2       気温18/路温28

Q2は山本選手が担当しました。今回はNSX5台ともQ2に進出し、同メーカーライバルとの戦いとなりました。Q1から好調のNo.8 ARTA NSX-GT144319を叩き出します。山本選手も負けじとアタックしますが、惜しくもコンマ1秒届かず、144473というタイムで予選Q22番手でフィニッシュしました。

 

520() 決勝日■

15:00~ 300kmレース決勝   気温21 / 路温34

前日の強風も止み、好天に恵まれた決勝日となりました。決勝前のウォームアップ走行は、直前のシステムトラブルにより40分遅れてのスタートとなりました。

 

予選結果により、2番手からのスタートです。決勝スタート前のグリッドウォークでは、ファンのみならず、多くのメディアがインタビューしに来るなど、今回のRAYBRIGは特に注目されていることが分かりました。スタートドライバーはジェンソン・バトン選手です。スタート開始から、先頭をゆくNo.8 ARTA NSX-GTとの距離を離さずにポジションをキープし続けます。

13周目にNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500がクラッシュしてセーフティーカー(SC)が出されます。SC後の再スタートで3番手を走行していたNo.1 KeePer TOM’S LC500にポジションを奪われ、19周終了のタイミングでピットインしました。ATJメカニックがミスのないピット作業を披露し、山本選手をコースへ送り出します。

 

 

着実にタイムを上げていき、ポジションも2位まで戻すことに成功します。一時はトップとの差を0.51秒差のところまで縮めましたが、終盤のペースを上げることができずに、No.100 RAYBRIG NSX-GT2位でチェッカーを受けることになりました。

 

2位という結果に悔しい気持ちもありますが、この結果をもってシリーズランキング1位に浮上することができました。シリーズランキング上位で戦うことができるようになったことは、ATJとしても大きく成長した証だと思います。

 

 

次戦は少し時期を空けて、7月のタイ大会となります。ハンデも大きくなり厳しい戦いになると思いますが、入賞目指して頑張ります!!引き続き応援よろしくお願い致します。

PAGE TOP